2006年08月07日

ぼくはぼくがきらいだ

CSで放送してた新世紀エヴァンゲリオンが、ちょうど寝る前の一息タイムだったので、ときどき見てました。
先週最終回だったけれども、本放送のときは絵コンテの羅列にぶっとびましたが、今見ると逆に開き直り方に感心したり。
あー、そーゆー話だったのか、と今更ながら思ったり。

で、これがなぜ「大家さん」の日記につながるかといいますと。
碇シンジくんが言うんですよ。

「ぼくはぼくは嫌いだ」

そこで、世の中の同業者(家主)の方に質問。
自分の物件、好きですか?

自分ちの物件のサイトやチラシを作ったりしてると、たまに聞かれるんですよ。
「うちのも作ってって頼んだら、いくらぐらいでしてくれる?」
って。
結局他人様のものを作ったことはいまだにないのですが、もし作るとしたらクライアントに何が聞きたいか――自分が自分の物件の広告作るときに、何を考えながら作ってたか考えてたところに、前述のシンジのせりふを聞いたんですよね。


「わたしはじぶんの物件が嫌いだ」


作成してるときにそう思っちゃうと、ソコで頓挫。オイオイって、突っ込みまくります。

ここはやはり

「でも、好きになれるかもしれない」

で行かなくては。いっそ「愛してる」までがんばりたい。
しかし、こーゆーアニメを見ながら、そーゆー方へ思考がゆく私は、やっぱりどうかしてると思います……orz

劇場版 NEON GENESIS EVANGELION - DEATH (TRUE) 2 : Air / まごころを君に
posted by 武水しぎの at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック