2006年06月28日

セントラル給湯

某物件のセントラル給湯の給湯器が更新時期を迎えている。

いっぺん水を屋上に引いて、そこから給湯器を通して物件内にお湯を循環させているのだが……。

実は私、エコロジー好きである。生態学が好きなのであって、「地球に優しい」という言葉は嫌いなのだが。原発に発電量を頼らなければならない状況も好きじゃない。だって、どう考えても扱いきれてないもんな。

あぅ。話がそれた。
で、何が言いたいかとゆーと、地球にさんさんとふりそそぐ太陽のエネルギーを使わないのはもったいない。
ソーラーエネルギー、というとすぐに太陽電池を思い浮かべるが、熱は熱、光は光のまま利用するのが一番エネルギー効率がいいはず。電気はエネルギー形態の変換媒体としては非常に便利だが、それ一辺倒もどうかと思う。
と、いうわけでせっかく屋上まで水道配管がのぼってるんだから、配管と給湯器との間に太陽熱温水器をかませるのはどうよ?
と、聞いてみた。うまくいけばガス代節約できるはず……。


で、回答が返ってきました。
ウチの地方でそれをすると、温水器からでるお湯の温度が上がりすぎて、逆に水をささなければなりません、とのこと(夏場)。制御機器や配線が熱に弱く、この水道代がバカにならないんだそーだ。
冬はもちろんそれほどには音頭上がらないが、逆にソーラー設備の効果も出ない、とのこと。
単純なサーモじゃないのね(あたりまえか)。昔ながらのボイラー+水道水なら逆にできたかも。


それにしても……実際やってみた人がいるらしい(笑)。結局逆にコスト増になったんでやめたらしいが……。
仲間がいてよかった!


で、太陽電池と他のソーラー機器の話に戻るが、企業系統が違うから仕方ないのか、とは思うが、節電節燃料を狙うなら、電池+温水器+ひまわりとか、いろいろ組み合わせたほうがいいのにな。
と、思っていたら、パナホームがひまわり搭載の住宅を発売したそうな。温水器や太陽電池に比べると、まだまだ認知度が低いので、後に続くハウスメーカーが出ることを祈っている。



posted by 武水しぎの at 09:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
南の方だと太陽熱温水器の温度がそんなに上がるのですか。北海道は追い炊きしないと‥。
昨年の大雪と石油燃料の高騰で今年は薪ストーブ
の需要が増えそうな雰囲気です。

光りファイバー照明はTVで見ました。
太陽が照ってる時は十分でしょうが曇天や夜間は
人工照明ですね。
Posted by at 2006年06月28日 21:39
南の方だと太陽熱温水器の温度がそんなに上がるのですか。北海道は追い炊きしないと‥。
昨年の大雪と石油燃料の高騰で今年は薪ストーブ
の需要が増えそうな雰囲気です。

光りファイバー照明はTVで見ました。
太陽が照ってる時は十分でしょうが曇天や夜間は
人工照明ですね。
Posted by やまびこ at 2006年06月28日 21:41
やまびこさん、いらっしゃいませ!

>温水器の温度がそんなに上がるのですか

そうなんですよ〜。真夏だと70℃ぐらいまでいくそうです。温泉卵ができそうです。
光ファイバー照明も数年前から発売してますが、ようやく認知度が上がってきたみたいです。曇天や夜間は当然電気です。アパートですと昼間は人があまりいないんで、設置ても宝の持ち腐れですが、オフィスビルなんかだと、けっこういいかも、と思います。
Posted by 武水しぎの at 2006年06月28日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック